知っておきたい野外のプールに行く上での注意事項

夏場に多くの方が利用する野外プールに行く際は、日焼けに注意が必要です。野外プールは海と同様強烈な紫外線に照らされますので、短時間でも日焼けして赤くなったり熱を持った状態になります。

多くの方はそのことを予期してあらかじめ日焼け止めを使って紫外線をブロックしますが、こまめに塗りなおすことが重要です。一度塗った日焼け止めは汗や水で落ちてしまいますので、長時間効果を保つのは難しく、こまめに塗りなおしながら日焼けを防ぐのがポイントです。

サンスクリーンを選ぶときにはSPFの値に注意するのも大切ですが、ウォータープルーフといって耐水性のテストにクリアしているものを選ぶと良いでしょう。ウォータープルーフとは、汗や水に強い成分で出来ている化粧品に表記されているもので、この表記が無いものはすぐに汗や水で落ちてしまいますので野外プールでの使用には適しません。

肌が弱い方は、紫外線吸収剤を含まないサンスクリーンを使うのが好ましいですが、紫外線吸収剤を不使用のものでもウォータープルーフタイプは販売されていますので、敏感肌の方はそのようなタイプを選ぶのをおすすめします。

目安としては、水に入るごとにタオルでぬぐってから塗りなおしたほうが肌へのダメージを防ぐことが出来ます。SPFの値が高くても塗りなおさずにいると肌が赤くなったり後から痛くなることがありますので注意が必要です。適切に日焼け止めを使わないとシミやそばかすができる原因にもなりますので、必要に応じてラッシュガードや帽子など、耐水性のある素材の小物や衣類で肌をガードするのを忘れないようにしましょう。

野外プールで肌が受ける紫外線からのダメージは大きく、1日でかなりの量の日焼け止めを消費することを考え、大きめのサイズの日焼け止めを用意しておくと安心です。ウォータープルーフタイプはクリームタイプが一般的ですが、塗りなおしやすいスプレータイプも便利なアイテムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です